診療報酬債権ファクタリングとは

subpage1

診療報酬債権ファクタリングとは、病院や薬局が持つ診療報酬の債権をファクタリング業者に譲り渡すことで資金を調達する方法をいいます。
病院や薬局など保険診療を行っている医療機関は、患者の自己負担となる3割を除いた7割を健康保険として支払いを受けるため、国民健康保険団体連合会(国保)や社会保険診療支払基金(社保)に支払請求をすることになります。

自立支援給付費債権ファクタリングの相談ならココです。

これを診療報酬債権といい、医療機関はこの診療報酬債権と引き換えにファクタリング業者から資金を調達することになります。通常、国保等からの診療報酬の支払いは2か月後となり、実際に入金されるまでタイムラグが生じます。

朝日新聞デジタルの役立つ情報をお探しの方にお勧めです。

しかし、診療報酬債権ファクタリングを利用すれば、2か月よりも早いタイミングで資金化することができます。

早期に資金化することで手持ちの資金を手厚くできるため、資金繰りに役立てることができますし、キャッシュフローの改善にもつながります。

また、ファクタリング業者による審査が通りやすいこともメリットとして挙げられます。



この資金調達の方法は債権の譲渡によるものであって、単なる融資とは異なります。


しかも、診療報酬債権は基本的に資金回収が確実なものとされているため、業者による審査が通りやすく、場合によっては債務超過の状態や税金の滞納があっても審査が通ることもあります。
金融機関からの融資が受けられずキャッシュフローが悪化した場合でも、資金調達の最終手段として有効に活用することができます。