ファクタリングを利用して診療報酬債権で資金調達

subpage1

ファクタリング取引とは、売掛金などの債権をファクタリング専門会社に譲渡し期限前に債権を現金化する一方で、債務者は専門会社に期限到来時に売掛金全額を支払うことで債権債務の弁済が完結する取引のことをいいます。

運転資金融資のために不動産担保に担保権を設定するには、担保価値のある不動産を所有していることが前提になるので利用できる上ではある程度高いハードルがあります。

担保も無い場合には、約束手形を割り引き譲渡する方法が長らく主流の地位にありましたが、景気低迷時期が長期化した結果、約束手形の流通量は全盛期に比べて激減しています。

そのため中小企業の資金繰りは困難な状況が続いています。

オンリーワンのファクタリングについての知識を高めてもらうためのサイトです。

病院経営上、ファクタリング取引の対象として診療報酬債権は、資金調達において使い勝手が高いと言えます。

最新の毎日新聞の情報を得られます。

病院は社会保険診療報酬支払基金に対して日々の診療行為の結果、診療報酬債権を取得することになります。


この債権は一定期間経過後に基金から支払われることになるため、その期間到来までの間現金化することが出来ません。
しかしファクタリング契約をすることで、期限前に一定額を控除して期限前に現金化することができ、基金側は専門会社に診療報酬を支払えば良いわけです。



専門会社は期限前の割り引いた額で支払った金額と基金から後日支払いを受ける金額との差額が利益になります。基金は倒産する恐れが無く、専門会社は倒産による損失を考慮する必要がありません。
その点で診療報酬債権は資金調達上、ファクタリング取引に向いていると言えます。