クラウドのデメリットと対応策

クラウドサービスのデメリットの一つにセキュリティーは業者に任せるしかないということがあります。
セキュリティーとは、データが安全に保持されることであり、クラウドに保管されたデータが誰かに盗まれる危険性がないのかという問題点があります。
自分でコンピューターを利用しているのであれば、セキュリティーの責任はすべて自分にあるが、クラウド利用するとなるとすべてをクラウドに任せることになります。
セキュリティーで重要なのは、結局サービス提供業者の持つセキュリティー技術と企業としての信頼性ということになります。
世界的にトップレベルの業者であればこの2点の条件は満たされるでしょうし、そうでなくても広く利用されていて、信頼性の高い業者を利用することが対応策となります。
awsdbなら非常に高いセキュリティーを誇っています。
また、インターネット利用のセキュリティーにおいても同様にデメリットがあります。
クラウドはインターネットを介して利用するため、その通信までのデータのセキュリティーは自分で管理する必要があり、特にパスワードの管理が重要になってきます。
インターネット通信では途中でデータ漏えいするのを防ぐために暗号化通信がおこなわれます。
暗号化されたデータは傍受されても解読できないのがメリットですが、弱い暗号技術の場合は解読されてしまう危険性があります。
暗号化については、利用の開始時点で適切に設定する必要があり、業者側の無線ネットワークには特に注意が必要です。
クライアントの管理は業者に任せることのできない身近な問題ですので、パスワード管理や通常の情報管理はきちんとすることが大事です。